山本牧場の森羅万象

田舎暮らしの記事 >>
2014年 2月 18日 (火)

風雪紋





















家の窓にへばりついた雪が強風で指紋のような流れる曲線を描きました。
穏やかな冬が一変!
日曜から猛吹雪が続いています。
配送業者が、養老牛まで来れませんし、職員も出勤できず、牛乳工房は二日続けて閉鎖されています。こんな吹雪は10年ぶりくらいかな。
この吹雪が季節の折り返しになり、春が近づけばよいのですが...


★2010年7月までの日記


2014年 2月 11日 (火)

来運冬





















以前もブログで紹介しました、隣町の斜里町来運地区にある来運神社に行ってきました。名水の里で有名で、この日も水汲み場は大混雑!



















冬の雷運の森は、神聖な雰囲気が溢れていました!


★2010年7月までの日記


2014年 1月 29日 (水)

雪の少ない冬





















今年は、普通に寒いですが、移住以来最も雪の少ない冬です。一昨日ほんのちょっと降りましたが、それまでは12月の雪がそのまま家の周りに残っていました。
家の周りは写真のように雪が溶けて地面が見えています。普通4月上旬にならないとこうはなりませんよ。
除雪の手間がないというのは北国に住んでいて本当にありがたいことです。牧場は敷地が広いですから、除雪作業は本当にたいへんなのです。
去年は人の命を奪うような大雪がありましたが、反動なのでしょうね。お天道様のバランス感覚には頭の下がる思いです。
このまま行ってくれ!いや、そんなに甘くはないよなあ??


★2010年7月までの日記


2013年 11月 29日 (金)

初雪


一ヶ月前から斜里岳のいただきを真白くしていた冬の使者が、やっと人里まで降りてきました。
結構積もりましたよ!たぶん溶けますが...

穏やかな初雪で、ずっとこんな感じに風雪に悩まされない冬であってほしいと願うのですが...無理!無理ですな〜

タイヤ交換も今朝終了!約4ヶ月雪に閉ざされますが、来るなら来い!です。
添付ファイル 添付ファイル

★2010年7月までの日記


2013年 11月 27日 (水)

冬支度


雪がふる前(積もる前)にやっておかなければならないことがあります。

今日は、最近の防風被害でシートの剥がれた搾乳場の屋根の補修です。
風で暴れるブルーシートを必死で押さえて端材で固定していきます。
はしごに乗り高いところに登る危険な作業ですがどうにか8割がた完成。
あと放牧地の片付け、D型ハウスの屋根の補修、尿散布の準備等焦ってやらないといけません。年末は物産展がないのですが、ネジ巻かないと!(汗)

あっ!来年の営農計画も作らないと...忙しい日が続きます!!!

★2010年7月までの日記


2013年 11月 1日 (金)

からまつ黄葉



























秋の一番好きな風景が、からまつの黄葉です。
家の前の防風林が見事な黄色にそまり、秋の最後を彩っております。

この針葉樹が枯れて落ちると冬がやってきます。


★2010年7月までの日記


2013年 10月 25日 (金)

紅葉深まる





















庭のもみじが鮮やかに染まってきました。
就農したてのころの幼木が、見事に成長し毎年目を楽しませてくれています。
じいさんになってる頃はもっと立派になってくれているはずです。木とともに育つ、木とともに老いるというのは実に楽しいものです。


★2010年7月までの日記


2013年 10月 20日 (日)

初冠雪!





















先日の大型台風が強烈な寒気を連れてきました。
牧場目の前の知床の山並みは見事な雪化粧!
この光景確実に1ヶ月以上早いです。
まだ紅葉も7分程度だというのに...
冬の到来かと焦りますが、普段の秋では見られない、大地の緑と山の白のコントラストは本当に素晴らしいです。


★2010年7月までの日記


2013年 9月 1日 (日)

美幌の森音





















先日、北見に用足しに行く途中、素敵なカフェを発見。
美幌の街中にある”森音”さん
古民家のリノベーションで内装もゆるくてほっとする空間がありました。
カレーが美味しく食べ物も充実してますが、雑貨も楽しいお店やさんです。





★2010年7月までの日記


2013年 8月 26日 (月)

温泉見つけた!?





















冬用の餌を保存するバンガー前でオペレーターさんが作業中のこと。
突如地面から高く、勢いよく吹き出る水らしきもの。
ここは養老牛温泉も近く、地面を掘れば温泉に必ずたどり着くという土地柄。よってこれは温泉では!!!?とテンション上がったが、まあそれはないべ...
タイヤショベルが、放牧地につながる水のホースを切ってしまったのが原因。

一攫千金、温泉長者の夢破る!!!
ちょっと!早く治しておいてよ!


★2010年7月までの日記


>>
トップページ







RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h