山本牧場の森羅万象

その他の記事 >>
2015年 3月 11日 (水)

コメントを書き込めません。


ブログの不調でこちらからのコメントを書き込めなくなっています。
既にコメントをいただいている皆さん申し訳ありません。
只今回復に向けて努力していますが、MさんUさん可能でしたらフェイスブックの友達申請をよろしくお願い致します。

★2010年7月までの日記


2015年 3月 8日 (日)

フェイスブックをご覧下さい。


久々の更新です。失礼しました!
フェイスブックでの情報発信が中心になっていて、今後は物産展&イベント情報等をブログでお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願い致します!

★2010年7月までの日記


2014年 6月 22日 (日)

子牛と子猫





















牛舎に住む子牛と子猫がすごく仲良しです。子牛のざらついた舌でベロベロ舐められるのが好きみたいで、子猫のブチャコはじっとしています。
可愛いでしょ?

そういえば、フェイスブックはじめました。山本照二FACEBOOKで検索して見てください。よろしくお願いします。


★2010年7月までの日記


2014年 6月 1日 (日)

都会の喧騒の中に


東京出張の際、人ごみの中で見つけたオアシスのような光景3枚。



















赤坂TBS前のビルの谷間に佇む驚きの古民家




















東京ミッドタウン前の電気屋さんの店先になぜか、二宮金次郎の銅像




















六本木裏の住宅地の野良猫


★2010年7月までの日記


2014年 5月 28日 (水)

二人のパティシェ


25日から3日間兵庫のパティスリー、エスコヤマの小山進シェフと写真家の石丸さん、富良野の菓子工房フラノデリスの藤田シェフご夫妻に山本牧場を訪れていただきました。
藤田シェフは僕のロードバイクの師匠であり、藤田シェフと小山シェフは辻調理士専門学校の同期の盟友、小山シェフは放牧牛乳のプリンを開発中という、不思議な三角関係?で今回の養老牛温泉サミット(笑)が実現。
旅館藤やさんでの宴は只々呑んべたちを幸せな気分にさせてくれました。
















宴の翌朝4時半より、鉄人藤田さんとのロードバイクセッション。養老牛温泉周辺をぐ〜るぐる1時間ほど走りアルコールを完全に抜き、僕は搾乳へ!
藤田さん走りながらの楽しい講義ありがとうございました!

一行を牧場に案内し、摩周湖などを観光。午後藤田さんと弟子屈で見送り、夜は小山さん石丸さん、素材感覚の仲間と中標津の鮨わたなべで交流。
















みんなで二年連続で世界一に輝いた小山さんのチョコを贅沢に4種類も堪能。味覚をいろんなベクトルから立体的に刺激する小山ワールドに本当にびっくりでした。


















楽しい出会いに感謝!!素敵な3日間でした!!


★2010年7月までの日記


2014年 5月 16日 (金)

月島佃界隈








































先日、年に一度の東京営業に行った際、たまたま東京下町の、月島、佃界隈を初めて訪れました。
すごい!まさに路地一本入るとタイムスリップしたような感覚になります。
昭和の初めころの雰囲気ってこんなの?
おかっぱ頭の女の子が三輪車に乗り、割烹着をきたおばちゃんが洗濯板で洗濯をしてるかのような幻が目の前に!
ふと長屋道の中をブロ〜!とカブが入ってきて一軒の格子窓の家の前に停車。雰囲気ありすぎで写真におさめました。
いつまでも、この長屋の雰囲気が続いてくれればと祈りつつ、取引先へ向かいました。


★2010年7月までの日記


2014年 3月 27日 (木)

札幌出張2〜杉原商店


先日の札幌では久々の営業もしてきました。その中で素晴らしいお店を発見!
宮の森にある杉原商店さんです。
前から面白いお店があるよと多くの方から紹介を受けていたお店で、食料品全般を扱うスーパーマーケットです。ご家族で経営されてるようで、手作り感溢れる店作りが楽しく、以前同種の仕事をしていた関係もあり、お店に一歩入るなりアドレナリンが大噴出!でした。
まさに店内は”食のワンダーランド”。生産者こだわりの商品、使い方が特殊な商品、ここでなければ出会えなかっただろう珍しい商品が決して広くはない店舗に溢れんばかりです!
セールスを忘れるくらい買い物に没頭してると社長さんが挨拶に...
”職員が本当に美味しいと思った物しか置かないんですよ!”とそのこだわりを語ってくれました。
おっしゃることはわかりますが、それを徹底することがどんなにたいへんなことか!
このお店にはそのたいへんさを越えた所にある、爽快感さえ感じられます。”お〜ここまでやったか!これだけ揃えれば社員もお客さんも楽しいだろうな〜!”という...

写真はなかなかに手に入らない事で知られる、旭川伊勢牧場のブルーチーズと大分県院内町の柚子ごしょう 他にも楽しくてたくさん買ってしまいました!






































美味しかった〜

ちなみに放牧牛乳の導入も決まりましたよ!
松ちゃん入るからね〜!ちょっと待っててね!


★2010年7月までの日記


2014年 3月 14日 (金)

3年目の春


先日3月11日。東日本大震災から3年が経過しました。
あの日感じたことは多くの人々と共通するものがあったと思いますが、3年経った今も決して拭うことのできない鮮明な記憶として心に刻まれています。

マスコミなど風化を報じるものが多いですが、たかが3年で記憶から消去されるようなことではなかったはずですし、そもそも人間の感性はそんなに鈍いものではないはずです。

太平洋戦争後わずか10年で戦後処理も不十分なまま”もはや戦後ではない”と語った昭和の政治家やマスコミ。
この手の人々の本質や手法は平成の時代になっても基本的に変わらないものだと感じます。

風化を叫ぶ人々は基本的に風化させたい側の人たち。

被災地の復興の問題や、原発の問題、震災を教訓に学んだ心の絆、すべてのことがとれない”かさぶた”のようにリアルに自分を含めた多くの人たちの意識の奥に染み込んでいます。

”かさぶたはかさぶたのままでいい!”決して他のものの手で剥がされることのない強さとしなやかさを持ち続けたいと心に誓った3年目の春です。

★2010年7月までの日記


2014年 3月 2日 (日)

流氷〜網走監獄


流氷を見にオホーツク海まで行ってきました。
写真は網走から知床を望む海。


















シベリアのアムール川河口域からこの時期オホーツク沿岸に流れてきます。今日は接岸したかと思えばあすは沖合に戻ったりと気まぐれですが、大きな氷の塊を間近で見ると迫力あります。そう言った意味で、おすすめなのはウェットスーツで流氷の上を散歩する”流氷ウォークツアー”。
僕は家族で経験しましたが、流氷の割れ目の海に飛び込んだり氷山に登ったりとにかく楽しいです。(全然冷たくないから大丈夫です)






































この日は、今更ですが初めて網走刑務所にいってきました。
なんで刑務所なんかわざわざ見に行かなきゃなんないの?なんて思ってましたが、観光客がたくさん来てるのも頷けました。
”面白い!!”です、ここ。

開拓期に果たした囚人たちの役割の大きさ。過酷さ。伝説の脱獄囚の人生など勉強にもなります。今回真冬に訪れたわけですが、行くならこの時期がベスト!冬の監獄の辛さが実感できますから...

この施設の最大のメッセージは”罪を憎んで人を憎まず”といったところでしょうか...どんな人間にも存在価値があるということをやんわりと教えてくれるので子供にも是非すすめたい場所です。

施設が広いですので2時間以上は回るのにかかりますが、ほんわか満足気分で出所(笑)してきました。


★2010年7月までの日記


2014年 2月 26日 (水)

hutte
























隣町の清里の斜里岳に向かう丘の上に隠れ家カフェ発見!!!
店の名はHutte(ヒュッテ)。
わかりづらい場所にも拘らず、結構お客さんが来ておりましたよ。
おいしいパンと拘りのコーヒー、そして斜里岳の眺望が最高のご馳走のお店でした。



★2010年7月までの日記


>>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h