山本牧場の森羅万象

2010年10月の記事
2010年 10月 30日 (土)

中標津マルシェやります!


11月6日中標津マルシェを開催します。地元生産者と加工者が一体となったイベントで昨日の北海道新聞、釧路新聞でも紹介していただきました。
中標津は素晴らしい素材屋さんの宝庫です。自称北海道一おいしい牛乳の養老牛放牧牛乳(笑)、”じゃがいもの天才”上原氏(当ブログで紹介)のじゃがいも(楽天ランキング野菜部門第一位)、全日空の機内食にも使われているNHKプロフェッショナルでも紹介された酪農カリスマ三友牧場のチーズ、北海道NO.1シェフと言ってもいいでしょう堀川シェフ(テルツィーナ)の監修したコモックス豚、TBSはなまるマーケットでも紹介されたラレトリのヨーグルト等々。こんなにすごい農素材を抱えてる町は日本全国探してもないはずです。
しかし、この凄さを自覚してる地元の人はあまりいない悲しい現実があります。このことは、中標津の素材屋が、地元をマーケットのメインターゲットにしてなかったことも正直ありますし、アピール不足の側面もありました。
”中標津の誇り”と感じていただくことから全てが始まるという思いで、今回のマルシェが企画されました。
僕は思います。”真実に勝るリアリティーは無し!”
嘘くさい北海道ブランドが溢れる中、本当の味が人の心を動かすはずです。
B級グルメがブームですが、A級素材の町はあくまでA級をアピールすべきです。それが、我々がんこな中標津生産者の誇りなのだと...
我々バカ正直な生産者に共鳴してくれた、地元の料理人、加工者の心意気にも、リスペクトを込めて”バカ”と呼びたいと思います。
一つ一つが洗練されてない部分はあることを多めに見ていただくとして、美味しいものをお腹いっぱい食べていただけるイベントですので、みなさんお誘いあわせの上お越しください!

★2010年7月までの日記


2010年 10月 25日 (月)

養老牛放牧牛乳赤ラベルに変更です!


今日から、越冬用の草をたべさせはじめました。日に日に濃くなる冬の気配に放牧地の青草もついに限界をむかえつつあります。
越冬用の草を与えた牛乳は、コクが深く濃厚な味わいで、成分も乳脂肪分が4.3%ほどまで達します。青草牛乳との違い是非ご賞味ください!

★2010年7月までの日記


2010年 10月 17日 (日)

修学旅行生がやってきた!



















今月6日(アップ遅れてごめん!)大阪のとある高校生諸君が牧場1日体験です。
軽トラで牧場全体を案内したのち、ダッチオーブンでスモークチキンづくり、近くの大規模酪農家を見学させた後、うちでの放牧牛追い体験 搾乳体験等盛りだくさんで楽しい一日となりました。積極的な子、消極的な子いましたが、きっとみんなにとって楽しい思い出になったことと思います。
大人になったらまた養老牛においでよ!


★2010年7月までの日記


2010年 10月 16日 (土)

こうなりました!



















小春は小春の新居に収まりました。特に何もしなかったですが、小屋を気にいってくれたみたい。小屋に入った時はかみさんとバンザイでしたよ。
只今皮膚病の治療中で、繋いで飼ってますが、もうすぐ自由の身になります。


★2010年7月までの日記


2010年 10月 2日 (土)

小春のおうち


牧場開業前から我が家の看板犬として活躍してくれてる”小春”も9歳になります。人間の年齢でいえば50歳をこえたくらいでしょうか。最近若いころの溌剌とした動きを見せなくなり、初老の雰囲気を漂わせ始めています。
牛舎の敷き藁の上や屋外で夜を過ごすことが多いのですが、これから冬を迎えるにあたって快適で暖のとれる犬小屋をプレゼントしてやりました。














只今、新しい犬小屋に慣らすための訓練中で、食事を小屋の中で与えてるところですが、食事の時間以外は中に入ろうとしません。どうしたらよいのでしょうか?


★2010年7月までの日記


トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h