山本牧場の森羅万象

2011年3月の記事
2011年 3月 18日 (金)

乗り越えてゆきましょう!


東北関東大震災の当日、かみさんと子供たちは東京新宿の地下街にいた。カフェで散乱する食器や慌てて外に飛び出た人たちで身動きできない状態に強い恐怖を感じたそうだ。僕は僕で地震の様子を画面で見ながらも、妻子と連絡を取れない状況に焦りを感じながら、神様に祈る気分で翌朝を迎えるしかなかった。揺れの比較的弱かった東京だったから無事であったが連絡が取れるまでは正直怖かった。
一週間がたった今でも、僕らなんか以上に、はかりしれない恐怖や悲しみに耐えなければならない人たちがいる。できれば、この悲しみを乗り越えるための小さな肩を貸したいし、少なくとも被災者のみなさんのじゃまにならないように心掛けたい。
乳業の人間として、被災地や都市部での牛乳不足はあまりに歯がゆい。こんなときに役に立てなくてなにが”食糧生産者”なのだろうか?プロとしてのこの葛藤を乗り越える方法を僕は模索したい。被災者の人、それを支えようと懸命な人、傍観する人、それぞれに乗り越えなければならない大きな壁を震災の危機は明らかにした。今のこの時が、日本が、日本人が一番成長できる時なのかも...
そしてそのために必要とされるのは”共感”と”イマジネーション”だろうか...
今まで薄らいできた日本人の感性を最大限に取り戻し、敗戦のような時代の転換点としなければ犠牲になった方々に申し訳ない。

亡くなられた多くの方々のご冥福をいのるとともに、被災地の復興を切に願いたいと思います。

★2010年7月までの日記


トップページ







RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h