山本牧場の森羅万象

2011年6月の記事
2011年 6月 29日 (水)

鳥の声から虫の声


昨日から牧場周辺の音ががらっとかわった。
一昨日までは牧場前の防風林でカッコウやうぐいす、フクロウがうるさい位に啼いていた。恋の季節による鳥たちのざわめきで目をさまされることもしばしば。
それが昨日の朝の夏の草いきれを感じた瞬間に、鳥ではなく、蝉や夏の虫たちの声に牧場が包まれるようになった。
季節が劇的に変わる様は北海道ならでは!
自然は生きてるのだ。

★2010年7月までの日記


2011年 6月 22日 (水)

夏のギフト販売開始





















お中元シーズン到来です!
今年のギフトは、中標津空港での人気NO.1商品である、ラレトリさんの”のむヨーグルト”とのペア企画。
牛乳大瓶2本とヨーグルト大瓶2本送料込の3900円のセットと、牛乳2本とヨーグルト大瓶1本送料込の3200円のセットを選んでいただきます。
ラレトリさんの”のむヨーグルト”というと、去年俳優の西田敏行さんが”はなまるマーケット”で紹介し、全国区の人気商品となった逸品で、のみくちのさわやかさが最大の特徴です。
牧場のさわやかさをお届けできる、北海道らしいギフトができあがりました。どうぞお試しください!


★2010年7月までの日記


2011年 6月 9日 (木)

素材感覚なりの被災地支援



















遅くなりました!5月13日〜17日までイオン釧路店で行われました道東うまいもの市では、売り上げの10%を被災地支援ということで、岩手県宮古市田老地区に役立ててもらおうと今回のイベントに参加した素材感覚メンバー5組本当に大奮闘でしたよ!
皆さんからいただいたお金の一部がどう使われるのかきっちり報告することをお約束していましたね。
上はイベント内の素材感覚コーナー!さ〜いらっしゃい!!




















上は今回の支援の田老地区の窓口になったしあわせ乳業の佐藤さんのHPを紹介したコーナーに貼った壁新聞です。被災地の現実が生々しくとられた写真と、佐藤さんの切実なメッセージを紹介させていただきました。この写真のシャッターを切る佐藤さんの胸中を思うと心がよじれる思いになります。

結局5日間の総売り上げは77万円!(がんばったな〜!)7万7千円を田老地区で使ってもらうことになりました。佐藤さんに伺うと金銭よりも物資のほうが助かる!ということで実際に欲しいものをえらんでいただきました。
選んで頂いたのがこれ!






































上が田老第一小学校の、波で絵の具を流されてしまった子供25人に送った絵の具セット。子供たちがふるさとをどのように描こうとするのか想像も難しいのですが、素敵な絵が生まれることと思います!
昨日学校の先生にあいさつの電話をさせていただいたのですが、喜んでいただけたようでほっとしました。被災者の方と話すのは初めてで、なんと声をかければよいのか戸惑いましたが、何かできることがあったら何でも言って下さい!とだけは伝えましたよ。支援は続けてこそ意味があります。
下は、グリーンピアみやこ内の避難所に送った衣装ケース。佐藤社長は被災企業に対する配慮で仙台のアイリスさんをご指名。全64ケースを送りました。仮設住宅の押し入れ用に使うということでした。
たぶん明日あたりとどいてるはずです。
以上が素材感覚側からの報告でしたが、しあわせ乳業さん側の動きもしあわせさんのHPでご覧いただきたいです。そして是非、僕が大きく影響を受けた牛乳であるしあわせ乳業のミルクを飲んでいただきたいと思います。
佐藤社長!我々と田老地区の橋渡しになっていただいて本当にありがとうございました!復興にむけ、同じ人間として、酪農家としてともに前を向いて歩いていきましょう!!!...


★2010年7月までの日記


トップページ







RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h