山本牧場の森羅万象

<<   >>
2011年 4月 7日 (木)

”廃用”の牛を買う


有機酪農は効率ばかり追い求めるような経営スタイルでは成り立たない。無駄も割り切れるような気持ちの余裕が必要になってくるが、とはいえ、完全に効率を無視するわけにはいかない。僕が有機という非効率なスタイルの中で、より無駄なく経営しようとするとき、一番気にするのは、農場全体のバランスである。特に土地の持つパフォーマンスを使いきるための牛の頭数を維持することは意識するようにしている。例えば、越冬用の草が余りそうな時や放牧草がたっぷりある時、オスの分娩が多く後継牛の確保が難しい時など、時々他の農場から牛を買うことがある。
今日そんなわけで牛を買いに市場に行ってきた。僕の場合、二年に一回ほど(今年は牛と縁がなく今日で3度目の市場だったが...)買い付ける牛は所謂”廃用牛”であることが多い。”廃用牛”即ち、他の農場をお払い箱にされた牛たちのことである。

このHPにも触れているが、現在の酪農業界では、牛の平均分娩回数は2.6回ほど、即ちわずか平均寿命4〜5歳で、牛たちは事故死したり廃用処分にされているのだ。それだけ、現場の牛たちは生乳の大量生産で疲弊しきってるわけであり、”こんな飼い方がまともなわけない!”という現状に対する反骨の思いが山本牧場のスタート地点になっている。
僕があえて廃用の牛にこだわるのは開業以来の現状に対する天の邪鬼な思いがあるからであり、こいつらに山本牧場でのセカンドチャンスを与えてやりたいという気持ちがあるからだ。繁殖障害などで廃用にされた牛たちも、ほとんどの場合うちの放牧スタイルで環境を変えてやることで立派な働き手に変わってくれるのだ。できれば10歳くらいまでは生きてもらいたい。それが当たり前だと思うが、山本牧場の平均産次は4.1産。まだまだである。
そしてもう一つ廃用買いの理由を上げると、単に乳をたくさん出すというだけでない牛を見る目が鍛えられる面白みがあるからだ。何でこいつは、追い出される羽目になったのかあらゆる想像を働かせて選ばないと自分の経営に結局マイナスになってしまうのだ。

今日、あえてこのことに触れたのには、実を言うとある原因がある。
市場で牛を選んでるときに、全く知らない青年から”牛乳を販売してるのだから、廃用を買うのは目立たないようにしたほうがいいよ!”と声をかけられたのだ。たしかに、廃用の牛を競り落としてテンションをあげてるのは自分くらい!(笑)。たぶんこの人は善意で”処分される牛を飼うのは放牧牛乳のイメージを悪くするのでは...”ということを伝えたかったのだと思うが、当然乳質は吟味し、質のいい牛を選んでることと、勇気のある忠告に対する感謝の気持ちを伝えた。
僕も牛選びに集中してたので、その場はそれで終わったのだが、後味の悪さのようなものを市場を後にしてから沸々と感じ始めた。それは日頃より感じる、業界の常識と僕の中の常識の修正しようのないずれが原因だと思う。
牛の命を全うさせてやることもできない業界の現状に問題の本質があるにもかかわらず、そこに目がいかずに廃用=悪の図式だけが独り歩きしている青年の意識が実を言うと、業界全体の意識なんだろうなと思えてなんだか背筋の凍る思いがした。
”廃用”は、実際もっと我慢して飼えるはずなのに我慢しきれなかった人間が勝手に牛に付けた言葉(自戒の意味も込めて...)。”廃用”でも、牛は牛なのだ。

★2010年7月までの日記

C O M M E N T
こんにちは、お久しぶりです。
今回の震災もそうですが、安全な野菜が県名だけで売れなくなるなど、報道や流通業界の意識が消費者意識を変えてしまうこともありますね。こないだ福島の野菜を3割引きでスーパーで販売し、被災地救済フェアなどとニュースになってましたが、ひどい話です。もともと何の危険もない野菜を3割引きでたたき売りです。それがいいことのように報道されている。
牛乳にしても、生産性の高い農家の言う「いい牛」で搾るからいい牛乳みたいなおかしな常識を植え付けようとするのは変ですよね。
廃用を買い、セカンドチャンスを与える山本さんを絶賛したい気持ちです。人間の都合で廃用にされる牛たち。生産動物という前に、牛は尊い生命を持っている。その当り前さを大切にし、酪農をしている酪農家は山本さん以外いるのでしょうか。だから山本牛乳は特別なのです。だから応援したいです。価値のある牛乳だと思います。だからこそ、テンション高く市場で堂々としていていいはずです。意識のずれというのは、自分の気持ちが正しいと思って堂々と行動していれば、いいだけです。こういう場でどんどん自分の考えをアピールしていればいいのですよ。「学ぶ」というのは自分の知らなかった知識を得ること。相手の青年が山本さんの考えを学ぶ日は近いはずです。堂々と生きまっしょ!
おばっちゃん    [2011/4/11(月) 14:43]       
おばっちゃんさん
いつもありがとう!励まされるコメントに大感謝です。
自分の感性に従って行動してますが、時々いいようのない孤独感のようなものを感じる時があります。あまりに多勢に無勢の闘いの中自分の思いは揺るぎなくありたいと思いますが、支えてくれるのは受け手である消費者の声です。今まで何度も何度も励まされてきました。支えになってくれてる皆の思いを無にしないよう、これからもバリバリ行動し発信していきますよ。
よろしくです!
山本牧場owner    [2011/4/13(水) 13:47]       
私も、おばちぁちゃんさんに同感です。私も山本牧場さんを絶賛したい思いでいっぱいです。

山本さんの牛さんに対する思想や、熱い思いを、たくさんの酪農家の皆さんへ伝えたい!

動物って不思議で、私たちが愛情をそそぐ分、それを健気にもわたし達に返してくれるんですよね。

畜産動物として生まれてきた悲しい運命を背負って、彼らは人間に酷使される一生を過ごす。
それなら、せめて、山本さんのような心がある酪農家さんの元で一生を過ごさせてあげたいと切に願います。
みどり    [2014/8/27(水) 08:57] [削除]
山本牧場さんはフェイスブックはやっておられますか?
みどり    [2014/8/27(水) 08:59] [削除]
どうしてうちの耕作放棄地で牛を飼いたいという思いが宿ったのかよくわかりませんでしたが、こちらのホームページを読んで、こういう牛の選び方もあるのか!と目からうろこの思いです。田んぼの草取りを手伝ってくれるだけでもいいと思いますが、「がつがつ」とか「やっきになって」というのがダメな、商売する才覚のない自分の老後を一緒に過ごす相手に、ちょっと老けた牛を選ぶという選択肢もあるとすれば、これはなかなか素敵なアイデアのような気がします。
うめちゃん    [2014/9/28(日) 01:24] [削除]


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)


  プレビュー

<< >>
トップページ







RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h