山本牧場の森羅万象

<< WHAT'S NEW >>
2014年 5月 23日 (金)

放牧解禁2014


今朝から青草飼養に変わり、放牧地へ牛たちを放しました。
天気もよく、雑草の蒲公英もきれいで(笑)牛たち同様気分上々です。
一週間ほど、冬の餌と併給し、6月頭には、完全に放牧草へと切り替えます。
牛乳の緑ラベルは5月26日製造分から張り替えられます。

[MOV 動画再生]



★2010年7月までの日記


2014年 5月 16日 (金)

月島佃界隈








































先日、年に一度の東京営業に行った際、たまたま東京下町の、月島、佃界隈を初めて訪れました。
すごい!まさに路地一本入るとタイムスリップしたような感覚になります。
昭和の初めころの雰囲気ってこんなの?
おかっぱ頭の女の子が三輪車に乗り、割烹着をきたおばちゃんが洗濯板で洗濯をしてるかのような幻が目の前に!
ふと長屋道の中をブロ〜!とカブが入ってきて一軒の格子窓の家の前に停車。雰囲気ありすぎで写真におさめました。
いつまでも、この長屋の雰囲気が続いてくれればと祈りつつ、取引先へ向かいました。


★2010年7月までの日記


2014年 5月 10日 (土)

ロードバイクの世界へ


去年富良野の菓子工房、フラノデリスのシェフより猛プッシュを受け、”これはやらねば!”と完全にその気になってしまったロードバイクの世界に、想像以上にハマっています。
今日は裏摩州展望台までの山道往復40K のトライアル!


















50歳を超えて体のメンテナンスはしっかりしないとという問題意識にロードバイクの美しいフォルムが強烈なスイッチを押してくれたんです。
何が面白いのかって...
風を切る爽快感は言うまでもありませんが、日々体が再構築されていくのを実感できるのが最大の魅力でしょうか。
あれっ?昨日この坂のぼるのこんなに楽だったけ??と自分の体に起きているいい意味での変調に驚かされてます。

よし!ツールド北海道出るぞ!!


★2010年7月までの日記


2014年 4月 12日 (土)

ジェラテリア ソッリーゾ


数少ない放牧牛乳ソフトクリームの販売店が札幌に一つ増えました。椿サロンさんに続く札幌市内2店舗目は大通り4丁目プラザ地下にある、”ジェラテリア・ソッリーゾ”さんです。先月末より牛乳とソフトを扱っていただけるようになりました。


















イタリア製のソフトクリームフリーザーを使って、うちのレシピの特徴を最大限に発揮してくれています。手前味噌ですが、自称日本一のこのソフトクリームは無茶苦茶美味しいです。
お客様の反応も非常によいらしく、とりあえず胸をなでおろしておりますよ。


★2010年7月までの日記


2014年 4月 7日 (月)

名前ははなちゃん


ジャージー種ななの娘の名は”はな”に決定です。家族で候補を何個か上げるのですが、最終的に多数決で”はな”になりました。
ちなみに僕は”おはな”を候補に挙げたのですが採用見送りです。
残念でしたが”はな”ちゃんに愛情を注ぎたいと思います。

★2010年7月までの日記


2014年 4月 5日 (土)

待望の女の子!!





















 我が牧場のアイドル。ジャージー種の”なな”に一昨日待望の女の子が産まれました。いままで4回分娩してどういう訳か男の子ばかり生んできた”なな”。一昨日の朝やっと後継の乳用牛(メス)を産んでくれました!

ホルスタインよりかなり小ぶりで体重は30kg弱。まだ弱々しいですが、好奇心いっぱいの瞳は本当に可愛いですよ。

只今、名前を考え中です。う〜ん!?


★2010年7月までの日記


2014年 3月 30日 (日)

伊勢丹相模原店


神奈川県の相模原市に養老牛放牧牛乳がお目見えです。
大手百貨店伊勢丹さんの相模原店で昨日から取り扱って頂いています。毎週水曜と土曜に納品されますので近隣の皆様よろしくお願い致します。
相模原のお客様より、横浜まで買いに行くのが難しいので相模原にも販売店があると嬉しいとの声を頂き、バイヤーさんに相談し導入が決まりました。
昨日はほぼ午前中で売り切れてしまったようで、要望の強いところはさすがに反応が強いと感じました。
今回のパターンをモデルに、多くのお客様の声をベースに販売店を拡大していきたいと思います。

★2010年7月までの日記


2014年 3月 27日 (木)

札幌出張2〜杉原商店


先日の札幌では久々の営業もしてきました。その中で素晴らしいお店を発見!
宮の森にある杉原商店さんです。
前から面白いお店があるよと多くの方から紹介を受けていたお店で、食料品全般を扱うスーパーマーケットです。ご家族で経営されてるようで、手作り感溢れる店作りが楽しく、以前同種の仕事をしていた関係もあり、お店に一歩入るなりアドレナリンが大噴出!でした。
まさに店内は”食のワンダーランド”。生産者こだわりの商品、使い方が特殊な商品、ここでなければ出会えなかっただろう珍しい商品が決して広くはない店舗に溢れんばかりです!
セールスを忘れるくらい買い物に没頭してると社長さんが挨拶に...
”職員が本当に美味しいと思った物しか置かないんですよ!”とそのこだわりを語ってくれました。
おっしゃることはわかりますが、それを徹底することがどんなにたいへんなことか!
このお店にはそのたいへんさを越えた所にある、爽快感さえ感じられます。”お〜ここまでやったか!これだけ揃えれば社員もお客さんも楽しいだろうな〜!”という...

写真はなかなかに手に入らない事で知られる、旭川伊勢牧場のブルーチーズと大分県院内町の柚子ごしょう 他にも楽しくてたくさん買ってしまいました!






































美味しかった〜

ちなみに放牧牛乳の導入も決まりましたよ!
松ちゃん入るからね〜!ちょっと待っててね!


★2010年7月までの日記


2014年 3月 22日 (土)

札幌出張1


いろんな件が重なり札幌へ。
素材感覚の商品開発あり。お世話になった方への挨拶ありの盛りだくさんの3日間出張でした。

一度はお邪魔したかった札幌浪花亭さん。創業51年の老舗和食料理店です。

雪ミルクの縁でご挨拶に...





















お任せでいただいた料理の全てが憎らしいくらいに美味しく。

札幌に行かれる方は絶対に行かないとダメなお店です。(猛プッシュ)

兄弟で営まれているお店はアットホームな雰囲気ですが、北海道食ブランドを育てようという熱い思いが、ひしひしと伝わります。

美味しいということと思いを伝えること両方が大切なんですね!村井さん!
ごちそうさまでした!
















(お店の前で)


★2010年7月までの日記


2014年 3月 14日 (金)

3年目の春


先日3月11日。東日本大震災から3年が経過しました。
あの日感じたことは多くの人々と共通するものがあったと思いますが、3年経った今も決して拭うことのできない鮮明な記憶として心に刻まれています。

マスコミなど風化を報じるものが多いですが、たかが3年で記憶から消去されるようなことではなかったはずですし、そもそも人間の感性はそんなに鈍いものではないはずです。

太平洋戦争後わずか10年で戦後処理も不十分なまま”もはや戦後ではない”と語った昭和の政治家やマスコミ。
この手の人々の本質や手法は平成の時代になっても基本的に変わらないものだと感じます。

風化を叫ぶ人々は基本的に風化させたい側の人たち。

被災地の復興の問題や、原発の問題、震災を教訓に学んだ心の絆、すべてのことがとれない”かさぶた”のようにリアルに自分を含めた多くの人たちの意識の奥に染み込んでいます。

”かさぶたはかさぶたのままでいい!”決して他のものの手で剥がされることのない強さとしなやかさを持ち続けたいと心に誓った3年目の春です。

★2010年7月までの日記


<< >>
トップページ






RSS

Ringworld
RingBlog v3.20h